コードバン馬蹄小銭入れ

素材と技術の最高峰を掌へ収めることができる、格式高い英国紳士の小銭入れです。
コードバン馬蹄小銭入れ

 

コードバン馬蹄小銭入れは、最高級コードバンを使用した小銭入れです。この小銭入れの見るからに美しく、いつまでも見ていたくなる表情は、最高の素材と技術を結集させたからこそのものなのです。毎日使用する小銭入れは、使用頻度も多く高い耐久性が求められますが、外側にコードバンを使用し、内側にはヌメ革を使用したコードバン馬蹄小銭入れの贅沢な作りは、総革ならではの耐久性を持ち合わせています。毎日の使用に耐え、持ち主に満足感を与え続ける、そんな品を手にする優越感を、コードバン馬蹄小銭入れで実感してみてください。

 

コードバン馬蹄小銭入れの経年変化を見てみる

コードバン馬蹄小銭入れこだわりの素材

コードバンの王様、その正体は国産最高級コードバンにブライドルを思わせる加工を施した、“こだわり”の一品なのです。コードバン馬蹄小銭入れに使用されているのは、革の宝石とも比喩されている皮革「コードバン」。一頭の馬から取れる量が極僅かであることから非常に希少性が高いのが特徴となっている皮革です。(コードバンは馬の臀部にある約2mmのコードバン層から“のみ”採ることができます。)そして、コードバンは、非常に繊維が緻密であることから、高い強度を持つ、耐久性の高い皮革でもあります。そんな光沢ある表情が美しいコードバンに、イギリスが誇るブライドルレザーを思わせる加工をしたコードバンが、コードバン馬蹄小銭入れの素材なんですね。ブライドルレザーとは違って、ロウをスプレーで振りかける事により、表面にブライドルレザーのようなロウを浮かび上がらせているんです。そのロウを磨き取ると、本来のコードバンからワンランク上の光沢感と品格を堪能することもできます。また、高級ヌメ革がコードバンを引き立てます。コードバン馬蹄小銭入れの内装には、国産の高級ヌメ革を使用して、コードバンとの美しい内外のコントラストを実現しています。このヌメ革は、日本でなめしを行ったもので、最高等級の皮革を厳選した、とても上質な素材なんです。このヌメ革は、経年変化を起こしやすく、持ち手により様々な表情を楽しめるという、革好きにはたまらない素材でもあるんですね。

 

コードバン馬蹄小銭入れのカラーバリエーション

ココマイスター:コードバン馬蹄小銭入れのカラーバリエーションは下記のとおりです。

 

■コードバン馬蹄小銭入れ:黒鹿毛(くろかげ)
漆黒の大人ブラックです。

 

■コードバン馬蹄小銭入れ:鹿毛(かげ)
貴族を思わせるボルドーブラウンです。

 

コードバン馬蹄小銭入れの人気色を見てみる